• Home   /  
  • Archive by category "1"

Japan Times St Essay




こんにちは。『The Japan Times ST』編集長の高橋です。このページをご覧になっているあなたは、おそらく英語学習や英字新聞に関心のある方だと思います。ここでは、学習者向けのやさしい英字新聞『The Japan Times ST』についてご紹介しながら、英語学習のヒントをお伝えしていきたいと思います。まずは英語力を伸ばすための方法について、手短にご説明します。




編集長プロフィール

高橋敏之。第11代ST編集長。慶應義塾大学卒業後、大手大学入試予備校の英語講師として勤務。その後、(財)日本英語教育協会を経て、2007年にジャパンタイムズ入社。ST編集部配属となり、国際ニュースページや英語学習コラムの執筆等を担当。2012年10月より現職。ST編集の傍ら、企業・大学での英語研修や英語学習に関する講演会等も多数実施。自身も英字新聞で英語力を飛躍的に高めた経験から、娯楽性と学習効果を両立させた最高の英字新聞を作ることを日々追求している。趣味は自転車、プロレス観戦、入浴剤。TOEIC 990点、英検1級、動物検定3級。

日本人はなぜ英語ができないのか

 巷には英語学習のメソッドなどを紹介する本があふれていますが、英語力を伸ばすには、それほど特別なことは必要ありません。簡単に言ってしまえば、以下の段階を踏めば誰でも英語ができるようになるのです。






 まずは(これは英語にかかわらず何事もそうですが)「基礎を押さえる」ことが大切。具体的に英語における「基礎」とは、主に文法やボキャブラリーです。もちろん文法にしてもボキャブラリーにしても、あくまで基礎的なレベル(最低でも中学、できれば高校初級程度)で結構。それ以上のことは後回しでも構いません。

 基礎を押さえたら、続けて「たくさんの英語に触れる」、そして「英語をたくさん使う」という段階が待っています。実は日本人が英語を苦手とする最大の原因は、ここにあるのです。多くの日本人は、英語に触れる量、及び英語を使う練習をする量が絶対的に不足しています。だから「学校で(主に文法を)勉強したのに、英語が使えない」という状態に陥ってしまうのです。

「読む」「聞く」「使う」をバランス良く

 英語力をアップさせようと思ったら、毎日何らかの形で「英語に触れる」「英語を使う」ことが大切です。具体的には「英語を読む」「英語を聞く」「英語を話す(または書く)」のいずれかをする時間を、毎日最低でも20分程度作る必要があります(これをやらないと、英語力が上がらないどころか、どんどん落ちていってしまうと考えておきましょう)。

 このうち、「話す」に関しては英会話スクールに通うなり、ネイティブの友人を作るなりして会話の練習をする必要があります。また「聞く」に関しては、音声素材付きの教材、または海外ドラマのDVDなどを活用すればよいでしょう。そして、意外と軽視されがちなのが「読む」という学習法。実はしっかりとした英語力があって、TOEICでも高得点を取れるような人は英語をたくさん読んでいます。英語を読むことには、①「英語の理解力が高まり、“直読直解”(簡単に言うと、英語を瞬時に理解できること)できるようになる」、②「たくさんの英語に触れることで、英語のさまざまな表現や言い回しが身につく」、③「英語を読むのが速くなるため、試験対策にも有効」など、さまざまな効果があります。特に①の「英語の理解力」は、リーディングにもリスニングにも通じる英語の土台です。英語を読むことでこうした力を伸ばすことは、英語力アップには不可欠なのです。

生活の中に英語を取り入れよう

 ご自分の生活を見直してみましょう。英語を「読む」「聞く」「使う」時間を定期的に取っていますか? このうち、「読む」素材としてお薦めしたいのが学習者向けの週刊英字新聞『The Japan Times ST』(略称:ST)です。詳しい説明は次ページ以降に譲りますが、生活の中の空いた時間で無理なく読めるように、難しい語句には日本語の注釈が付いており、ひとつひとつの記事も一般的な英字新聞より短めです。STを毎週読めば、「読む」という学習に関しては十分です。

 日本で生活する限り、一切英語に触れなくても生活できますが、これでは英語力は伸びません。毎日の生活の中に意識して英語を取り入れる必要があるのです。例えば、タブロイドサイズのSTはかばんに入れてもかさばらないので、「朝食を食べながら」「通勤・通学の電車内で」「仕事・学校帰りのカフェで」「週末に家で」など、日々の生活の中のさまざまな場面で活用することが可能です。「購読することで、英語のあるライフスタイルを実現してほしい」。我々はこうした想いで毎週STを編集しています。


自分の生活の中に英語を取り入れることが大切。

 次のページでは、『The Japan Times ST』について詳しくご紹介します。

321

Essay

Gun control

By David Yenches

I grew up with guns. There were a few in the gun rack in our summer house in Vermont. We seldom used them and no one was ever hurt by them. Occasionally, my father would fire one in the air to scare off people who tried to pick our blueberries.

But that was decades ago. Now, our neighbor in Missouri tells us he has "enough firepower to hold off a good-sized group for a couple weeks, even a month." My wife joked, "Do you expect a zombie apocalypse?"

My brother-in-law here once had 17 guns. He was afraid our last president, Barack Obama, would pass gun control laws. "Whoever wants to take away my gun will have to pry it from my cold, dead hands," he said. That feeling is so common, it's on T-shirts and bumper stickers. People think all Americans love guns, but that's not really true. Most of us don't, but a small minority are mad about them. The 3 percent of the population that is like our neighbor owns half of all the guns.

Despite that, there is a long history of gun control in the States. Many people want to see stricter background checks to stop high-risk people getting a gun license. For example, mass shooters are overwhelmingly male and often have a history of domestic violence. But since a quarter of domestic violence cases are never reported, many people can still buy a gun.

Also, some mass shooters have no criminal record at all. The Las Vegas shooter who killed more than 50 and wounded 500 in September was not convicted of a previous crime.

Background checks aren't the only form of possible gun control. The gun maker Colt once teamed with the federal government and another gun maker to produce "smart guns" that — like smartphones — could only be unlocked and used by their registered owners. But then America's powerful gun lobby — led by the National Rifle Association — got involved. They started a grass-rootsboycott, and Colt gave up on the project.

Meanwhile, there's an average of one mass shooting a day, with 33,000 gun deaths a year.

I remember in Japan, you could only own a shotgun for hunting, not a handgun, and it took up to six months to get a license. The process included a psychological evaluation. Evidently, in South Korea, you can also only get a shotgun for hunting, but you have to turn the gun in to the local police station at the end of the day!

This all makes me feel very guilty as an American, but as a non-gun owner I feel powerless to change the laws here or people's behavior. While I was writing this essay, another American probably died of gun violence.

銃規制

銃乱射事件が多発しているアメリカ。筆者も銃と共に育ち、身近に多くの銃を持っている人もいる。アメリカ人は銃が好きだと思われがちだが、それは一部の熱狂的な人たちだけだという。

The Japan Times ST: December 1, 2017

The Japan Times ST 読者アンケート
The Japan Times ST 読者アンケート

アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。

今後もThe Japan Times STをよろしくお願いいたします。

One thought on “Japan Times St Essay

Leave a comment

L'indirizzo email non verrà pubblicato. I campi obbligatori sono contrassegnati *